看護部

あいち肝胆膵ホスピタル 看護部理念

クリニックから病院へ ~より専門性の高い看護を目指して~


看護部は、当院の理念の元に「質の高い心のこもった看護」の提供を目指しています。

私たちは肝臓・胆嚢・胆管・膵臓に障害を持つ患者さんに。専門的知識に基づいて、

安心・安全・安楽な看護を真心こめて提供します。

あいち肝胆膵ホスピタル 看護部基本方針

  1. 患者さんの心に耳を傾け、想いを尊重した看護を提供します。
  2. 個々の患者さんのニーズに合わせて、高度な専門的知識・技術に裏付けされた丁寧な看護を提供します。
  3. 快適ですがすがしく、安全で安楽な医療環境を整えます。
  4. 患者さん・ご家族と共同して治療・看護に取り組み、より速やかな社会復帰ができるよう支援します。
  5. 職員が健全な精神で医療を提供できるよう自ら職場環境を整えます。
  6. 他職種の機能と役割を理解し、相互に協調してチーム医療を推進します。
  7. 医療・看護の効率性と質の保持の均衡性を考えて職務を遂行します。
  8. 看護の質向上を求めて、専門職業人としてたゆまぬ自己開発を続けます。

看護部の業務内容

専門病院として、肝臓・胆のう・胆管・膵臓・消化管の外科的、内科的治療に対する看護を、「病棟」「外来・検査」「手術室」それぞれ看護部の独立した部門で行います。

当院で行われる主な治療

肝臓に対する治療内容

肝障害に対する内科的治療
インターフェロン療法、抗ウイルス療法
肝癌に対する治療
エタノール注入療法(PEIT)、ラジオ波焼灼療法(RFA)、肝動脈塞栓術(TAE)経リザーバー抗がん剤動注療法、抗がん剤治療など
食道静脈瘤に対する治療
内視鏡的胃・食道静脈瘤結紮術(EVL)

胆のう・胆管に対する治療内容

腹腔鏡下胆のう摘出術(ラパコレ)、内視鏡的乳頭切開・EST、胆管ステント挿入、胆のう切除、胆管切除など

膵臓に対する治療

急性及び慢性膵炎の管理、膵癌手術、抗がん剤投与、糖尿病管理(経口糖尿病剤、インシュリンなど)

消化管に対する治療

胃癌、大腸がん手術
胃癌・進行大腸がんに対する腹腔鏡下手術、ストーマ造設、胃・十二指腸潰瘍、外来化学療法(抗がん剤治療)など

これらの治療を患者さんが安心して受けていただけるよう、病棟では24時間切れ目なく2交代制(12時間)で入院患者さんのケアを行います。
清潔で静かな療養環境の病棟で、周手術期看護からがん看護、ターミナルケアまで行います。
外来では診療の介助から検査の説明、検査・治療の介助、採血・点滴・化学療法まで多岐に渡った看護を行います。
手術室では週2回(水・木)月15件前後の全身麻酔による手術が安心して安全に、またスムーズに進行するよう、術前訪問・症例検討会を含めた情報収集・手術準備・介助を行います。
また、看護部では学習会の参加や委員会活動、他職種とのコミュニケーションを大切に、チーム医療の推進に努めています。

看護部各部門の特徴

病棟

肝胆膵領域を専門としているため、これらの領域に関わる病態生理・検査・治療について理解が求められます。手術は肝・胆・膵領域癌を主として、胃癌・大腸癌などの消化器癌手術、さらに良性疾患では胆のう結石症に対するラパコレ(腹腔鏡下胆のう摘出術)などがあります。これらの手術やIVR、超音波下治療など高度な医療を行うに当たって、これらを支えるための消化器周手術期全般について学ぶことができます。
また化学療法を受けられる患者さん、ストーマ造設される患者さん、終末期の患者さんも多く、それぞれの看護について知識・技術を高めています。
小規模なため、アットホームな空間でひとりひとりの患者さんにしっかりと向き合い寄り添った看護ができます。
スタッフ同士協力、思いやりの気持ちを持ちながら働いています。
また働く魅力は、これまでの経験を活かせる、消化器疾患の看護について学ぶことができる、患者さんにとって身近な看護師になれる、人として成長できる、12時間勤務なので連休が取りやすい、研修に出張扱いで行かせてもらえる、子育てしながらでも皆の協力を得て働けるなどスタッフにより様々です。

外来・検査

  • 家庭と仕事の両立ができます。
  • コミュニケーションを大切に明るく元気な環境です。
  • 大変人間関係が良く、全員が子育て中のため協力・助け合い「お互い様」の精神で働いています。
  • 個々の長所・得意分野を伸ばしつつ、短所・苦手分野をカバーしあい、安全・安心な看護を提供しています。
  • 総合病院に引けを取らない内容の検査・治療を行っているため、スキルアップができます。
  • 定期的に行われる院内勉強会や興味ある院外勉強会・研修の参加ができます。
  • 外来通院~入院退院後まで把握して看護ができます。
  • 患者さん・ご家族とのコミュニケーションを図ることができ、寄り添った看護が提供できます。

手術室

  • 専門性の高い手術室看護が提供できるよう自己研鑽を大切にしています。
  • 安心・安全のため、術前訪問での患者さんへの情報提供や、質問・疑問にお答えし手術や麻酔に対する不安の軽減に努めています。
  • 手術がスムーズに進行できるような準備・手術介助、術式に応じた手順の理解や体位固定法、麻酔の介助が必要です。
  • 患者さんとの距離が近く、術前訪問の際、術後の患者さんとお会いすることができ、術後の経過も把握できます。
  • 息のあったチーム医療は手術室の魅力です。
  • 手術室看護師としての経験を活かした仕事ができます。

平成28年度の研修参加状況

院内研修

① 医療安全管理委員会主催:医薬品安全管理勉強会 医療機器安全管理勉強会
② 院長による症例検討会
③ 院内感染委員会主催:手指消毒の実際
④ 造影剤学習会:外部講師
⑤ 院外研修参加者による伝達講習
⑥ 看護必要度研修:外部講師
⑦ レスピレーター講習会:外部講師
⑧ ワークショップ:外部講師

院外研修

①症例、画像で学ぶ看護師の知っておきたい消化器疾患、症状の見方と異常の見極め
1名
②急性期の輸血管理と実践に最低限必要な水・電解質・酸塩基平衡の基礎
1名
③災害支援ナースの基礎知識
1名(愛知県看護協会主催)
④コーチング基礎知識
1名(愛知県看護協会主催)
⑤地域包括ケアシステムにおける病院・病棟のあり方
1名(愛知県看護協会主催)
⑥がん看護Ⅰ-化学療法を受ける患者の看護-
2名(愛知県看護協会主催)
⑦がん看護Ⅱ-緩和ケアとターミナルケア-
2名(愛知県看護協会主催)
⑧肝・胆・膵の解剖、疾患、治療の知識
1名
⑨看護力を発揮するためのチームビルディング
1名(愛知県看護協会主催)
⑩がん看護教育研修
4名(藤田保健衛生大学主催)
⑪医療の現場力向上に向けて
1名(愛知県医師会主催)
⑫がん性疼痛コントロール
1名
⑬院内教育担当者研修1名(愛知県看護研修センター主催)
⑭看護師が「絶対見ておくべき」消化器疾患患者の術後全身管理のポイント1名
⑮認知症ケアサポート研修1名(藤田保健衛生大学主催)
⑯重症度、医療・看護必要度評価者院内指導者研修1名
⑰その他