栄養部

あいち肝胆膵ホスピタル 栄養部紹介


栄養部門では、管理栄養士1名、栄養士1名、調理員2名にて業務を行っています。

あいち肝胆膵ホスピタル 栄養部基本方針

  1)患者さんの意見が反映される食事

  2)「旬」を取り入れた食事

  3)衛生的で安全な食事

特徴

患者さん一人一人に最適な心のこもった食事の提供を目指し、入院生活を少しでも快適に過ごしていただけるよう努力しております。
また、退院後の食事への不安を少しでも軽減できるよう栄養相談を行っております。

業務内容

厨房業務

  • 献立作成(一般食、特別食)
    肝臓病食、膵臓病食、胃切除後食、糖尿病食等、医師の指示のもと、患者さんの病態に合わせた献立を立てております。

  • 食札管理
    食事の種類とアレルギー、場合によっては好き嫌い等、注意事項を間違えないように患者さんの名前の札に明記します。

  • 調理
    安全に召し上がっていただくよう、厨房内の温度、湿度、食材の中心温度など衛生管理に留意しながら行っております。

  • 食事配膳
    【朝食】7時30分 【昼食】12時00分 【夕食】18時00分

栄養指導(入院、外来)

栄養管理業務