治療実績ご紹介

2005年10月から2017年9月までの開院後12年間の主な治療実績のご紹介

当院は平成17年に開院いてから12年間を経て色々な疾患を経験させていただきました。

当院の登録医をはじめ当地域、名古屋市、愛知県形法、県外からの諸先生方からの多大なご支援のおかげと思っております。

主な診療実績につきまして列挙させていただきます。

合計数は他の3050年以上の歴史のある大病院の症例数に比較すると未だ十分ではありませんが、12年間という短い期間と24床という少ないベッド数からみてみますと大変大きな実績経験となります。

ウィルス性肝炎の治療実績(平成29年9月現在)

B型慢性肝炎に対する抗ウィルス療法
68例
C型慢性肝炎に対する抗ウィルス療法
166例
※インターフェロン療法(経口剤併用)83例
ウイルス消失率 65%
インターフェロンフリー療法(経口薬のみ)
83例ウイルス消失率 95.8%

※インターフェロン療法(経口剤併用)は現在は行っておりません。

以上のように、現在ではC型肝炎は飲み薬のみの治療(3ヶ月間)で95%以上がウイルスフリーとなるようになりました。

今後は2か月の服薬でもウイルスが消失するようになりますので、C型慢性肝炎、C型肝硬変の方は是非ご相談下さい。

肝(細胞)癌に対する治療(重複症例を含む)

肝切除術
121件
肝動脈塞栓術よる治療(TAE)
802件
ラジオ波焼灼療法(RFA)
213件
エタノール注入療法(PEIT)
26件
肝動注リザーバーからの肝動注治療法
78件
肝細胞癌の治療は、癌の状態と肝機能の状態を十分に評価して、その状況に最も適していると思われる治療法を選択して行っています。

胆のう・胆管癌に対する治療

切除術41件
※閉塞性黄疸例に対しては、内視鏡的胆道ステント、経皮経肝的胆道ステントを留置後全身化学療法を多数例に行っています。

膵癌に対する治療

切除
72件
※閉塞性黄疸例に対しては、内視鏡的胆道ステント、経皮経肝的胆道ステントを留置後全身化学療法を多数例に行っています。

胆のう結石症に対する治療

腹腔鏡下胆のう摘除術(ラパコレ)
910件
開腹胆のう摘除術31件
開腹総胆管結石摘出術38件

胃癌に対する治療

開腹的胃切除術91件
腹腔鏡下胃切除術
40件

大腸癌に対する治療

開腹的大腸切除術133件
腹腔鏡下大腸切除術
99件

ヘルニア手術

腹壁瘢痕ヘルニア
35件